ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP 入園・利用料金入園・利用料金
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP 愛犬たちのようす!!愛犬たちのようす!!
hr
TOP 愛犬写真館愛犬写真館
hr
TOP 愛犬動画館愛犬動画館
hr
TOP トリミングのようすトリミングのようす
hr
TOP 宿泊のようす宿泊のようす
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 安心の保険安心の保険
hr
TOP Web ショップWeb ショップ
hr
TOP 通販会員登録通販会員登録
hr
TOP POSH PET CLUBPOSH PET CLUB
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お問い合わせお問い合わせ
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
ペットの悲劇 仔犬志向の悲劇 ( 2010/01/16 )


Animal protection

Love

なぜ繰り返される ペットの悲劇

※この記事は、NHKのドキュメンタリー番組『追跡!AtoZ』第28回(1月9日放送)内容の概要を園長が再構成。

ペットの悲劇は「虐待」だけではない。

放棄が生み出す「殺処分」も大きな問題になっている。

飼主を説得する動物愛護センターの職員。

「殺処分」をゼロにするための努力を日々行なっている。

熊本市の動物愛護センターには、犬を手放したいという相談が毎日のように寄せられている。

センターでは、こうした電話に対して思いとどまるよう説得するなど、「殺処分」をゼロにするための活動に力を入れてきた。

努力が実を結び、殺処分の数は10年前の10分の1にまで減っている。

だが、それでも、飼主から持ち込まれる犬は後を絶たず収容能力は限界に近いという。

犬を持ち込む理由で最も多いのが、噛み癖や吠え癖などの問題行動だ。

8ヵ月前、暴れる飼い犬に悩まされ、センターに相談を寄せてきたという飼主を訪ねることにした。

鶴田憲平(つるた・けんぺい)さんは、飼い犬の度重なる問題行動に長年手を焼いてきた。

大けがを負ったこともある。

センターからトレーナーを紹介してもらいシツケに取り組んでいるが、問題行動を完全に直すのは難しいと言われている。

その原因は、仔犬の頃の育ち方にあるという。

日本では多くの犬が生後間もなく親や兄弟から引き離されるため、社会性が身につかず、わがままになりやすいのだ。

多くの犬が生後間もなく母犬から引き離される背景には、消費者の極端な「仔犬志向」がある。

最新のデータでは、ペットショップで販売された犬のうち、9割以上が生後2ヵ月以内となっている。

日本人は「仔犬」好き。それが、さらなる「悲劇」を生んでいるといえる。

また、仔犬志向にはもう1つの問題がある。

愛護センターでは、収容犬をしつけ直し、新たな飼主を募集しているが、大きくなった成犬には里親がなかなか現れないのだ。

推定5才のイノキは、半年前、街をふらついているところを保護された。

当初は職員の言うことを聞かず「お座り」もできなかったが、いまでは「伏せ」や「待て」も難なくこなす。

しかし、里親希望者はまだいない。

去年11月、保護された犬を一同に集めて「譲渡会」が開かれたが、人気は仔犬に集中、成犬に関心を示す人は少なかった。

イノキに至っては、見向きもされなかった。

仔犬志向が、不幸なペットを増やし続けている。

犬幼稚園 Buddy Dog



登録一覧
野良猫の悲劇 連続虐待事件 (05/06 )
ペットの悲劇 気になる「イノキ」 (01/16 )
ペットの悲劇 国境の悲劇 (01/16 )
ペットの悲劇 仔犬志向の悲劇 (01/16 )
ペットの悲劇 悲劇の連鎖 (01/16 )
ペットの悲劇 安易な飼育 (01/16 )
ペットの悲劇 (01/09 )
「愛犬の生存権」はゴミ同然 (12/14 )
救われる命 12/25 (12/25 )
救われなかった命 (12/25 )
命の現場 /写詭欧譴婿匕い燭 (12/11 )
命の現場◆〇匕す場・・・悪質業者の闇 (12/11 )
命の現場 最後の願い 殺処分の現実 (12/11 )
違法業者の尻ぬぐいをして大量殺処分 (12/10 )
救える命を救いたい!! (12/06 )
愛犬・愛猫がごみになる瞬間 (12/04 )
犬猫殺処分ゼロを目指して!! (12/03 )
年間39万頭処分 不要ペット回収車 ドリームボックス (11/25 )
動物愛護とボランティア詐欺 (11/09 )
捨てられた犬猫の現実 (11/08 )
ペットショップ従業員が「ブルセラ症」に感染!! (09/29 )
ブルセラ症陰性犬のその後(完) (07/21 )
大阪府は4/28、ブルセラ症陽性犬119匹を安楽死させていた。2 (05/04 )
大阪府は4/28、ブルセラ症陽性犬119匹を安楽死させていた。 (05/04 )
盗んだフレンチブルドッグ投げ落とした女に有罪判決 (02/22 )
横浜での猫虐待目的の里親詐欺について (01/17 )
恥知らずな似非愛護?  (12/04 )
里親募集の実態 (11/04 )
増える障害犬・宮若の大量放置事件1 (06/22 )
生まれた総数の半分はどこへ (06/17 )
商売優先の無計画な繁殖 (06/16 )
幼齢犬の出荷・販売の問題 (06/15 )
動物愛護議連と動愛法 (06/14 )
買わなくても譲渡してもらうという方法も (12/12 )
毎年おおよそ30万頭が殺処分されています。 (12/12 )
space
Copyright © 2017 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP