ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 安心の保険安心の保険
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 過去記事 1 > 2006年にペットが家庭内で中毒した危険物 トップ10 米国
こんにちは ゲスト さん ログイン
2006年にペットが家庭内で中毒した危険物 トップ10 米国 ( 2007/03/26 )
food.gif
ASPCA動物中毒事故管理センターのリリース2007年3月5日発表

2006年に動物中毒事故管理センター(APCC)に11万6000件の問い合わせの内容がASPCAで発表されている。

ASPCAは、一般的な家庭の危険物の中毒に警戒するようにアドバイスしています。

1. 人間の薬物:数年間リストの上のナンバーワンです。

鎮痛剤や、風邪薬や、抗うつ剤や栄養補助食品などの一般的な人間のドラッグにかかわるのが69%7万8000件以上

アセトアミノフェンは猫に致命的です。
イブプロフェンでは、10ポンドの犬で深刻な腎臓の問題に至ることがあると言います。

2. 殺虫剤:
ノミ、ダニ、および他の昆虫を殺すのに使用される製品に関係する2万7000以上
ノミダニを駆除する製品の危険性

3. 獣医の薬物:
驚くべきものですが、非ステロイドの抗炎症剤や、heartworm予防薬や、反-wormersや、抗生物質や、ワクチンや栄養剤?など1万2000件以上
ノミ・ダニ駆除薬物療法が、潜在的に重大な問題が結果として生じている。

4. 植物:
植物にかかわる9,300件以上に
ペットに有害である場合がある、ユリ、つつじ、ツツジ類、サゴヤシ、kalanchoe、およびscheffleraを含んでいます。
嘔吐を引き起こす場合がある、下痢と憂うつと肝不全
ユリは猫?に非常に毒性です。
生命に危険を及ぼす腎不全を起こすことがある。
有毒植物は確かにペットから遠ざけられるべきです。

5. 殺鼠剤:
8,800件以上
殺鼠剤のタイプに頼っていて、食物摂取は出血するのを含むペットのための潜在的に生命に危険を及ぼす問題、重要な器官への損害にさえ導くことがあります。

6. 住まいの洗剤:
7,200件以上
洗剤と漂白剤と消毒剤の危険性
すべての住まいの洗剤の化学物質は潜在的に危険な化学物質を含んでいます。

7. チョコレート:
4,800件以上
チョコレートはmethylxanthinesとして知られている多量のカフェインのような物質を含んでいます。
かなりの量で摂取するなら、methylxanthinesは潜在的に、嘔吐と下痢と過度の渇きと小便(活動過剰)を引き起こす場合があります。
不整脈、震え、は有名です、そして、それは致命的でさえあるかもしれません。

8. ケミカルハザード:トップ10カテゴリへの新来者
揮発性の石油関連製品、アルコール、酸、およびガスのような有害な項目を含んでいます。
4,100件以上
このグループにおける“物質はさまざまな問題、”を引き起こす場合があります。
呼吸困難と化学熱傷胃腸障害が顕著です。
一般的に使用された化学物質はエチレン・グリコール不凍液、塗料うすめ液、排水管洗浄剤。

9. 物理的障害:
必ずすべて毒性であるというわけではありません。
窒息の危険性、腸閉塞のためのリスクを引き起こすこと物です。
3,800件以上
一般的な物で、ペットの首輪、粘着テープ、骨、紙製品と他の同様の食物摂取にかかわるケースです。

10. 家庭用建材:
2,100件以上
建設において一般に使用される溶媒、接着剤と他の製品
有毒な重金属を含むペンキなどです。
溶媒は消化管、目と皮膚を非常に刺激することがあり、摂取したら中枢神経系傷害をもたらすこともあります。

ASPCA(米動物虐待防止協会)
Nationwide Pet Food Recall Crisis Continues

Animal Poison Control Center(毒物センター)
Poison Prevention for Pet Owners

正しい知識をもって愛犬との共生をもっと楽しみませんか?
登録一覧
犬好きというあなたへ。 (07/15 )
Buddy Dogの重曹を使った掃除裏技!! (07/15 )
ノミ・ダニ駆除剤は危険!!? (07/15 )
便利ですか? 犬用スリングキャリー 05/29 (03/05 )
毎日がパピーパーティのような、犬幼稚園 Buddy Dog (03/05 )
愛犬に振り回されない飼い主になるために!! (11/11 )
獣医さんの処方食も副産物&副産物粉ってホント?? (05/19 )
ペットフード リコール問題 中国が毒物混入を認めた (05/15 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 ロイヤルカナンがリコール ペットフードを拡大 (05/15 )
野放しの極悪非道獣医師 獣医選びは飼い主の責任 (05/09 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上2 (05/04 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上 (05/04 )
4/24 リコール製品により4,474匹のペットが死亡と報告されました。 (04/25 )
ナチュラルバランス、ニュートロに続き 一部ペットフードのリコール開始 (04/17 )
リコールペットフードが日本に上陸していた!! (04/16 )
土佐犬に男性かまれ死亡 (04/13 )
都筑区に、イケア港北、ららぽーと横浜、に次いで大型店Northport Mallがオープンします!! (04/12 )
飼い主の責任 (04/11 )
愛された犬は自分で死に時を決める、バービーちゃん(GR 4歳)の死 (04/10 )
「三つ子の魂百までも」は、人間も犬も一緒なんですね。 (04/09 )
死亡件数拡大 ペットフードリコール品の追加 FDA (04/07 )
ティーカップバーニーズ出現か? (04/06 )
ペット相次ぐ死で中国産小麦製品の輸入停止 米国 (04/05 )
リコールペットフードからプラスチック原料検出 (04/02 )
FDAが「アイムス」「ユーカヌバ」に警告書 発行 03/30 (03/31 )
今日の犬幼稚園 お客様の声 03/30 (03/30 )
大阪 「毒入りちくわ」食べて犬が死ぬ 「近所迷惑」と封書も (03/29 )
ペットフードの次は、犬用おやつ。米国でリコール開始 (03/28 )
2006年にペットが家庭内で中毒した危険物 トップ10 米国 (03/26 )
キシリトールは犬にとっては有害 (03/26 )
ペットフードに殺鼠剤の混入が判明 (03/25 )
ペットフードのリコール商品拡大 (03/24 )
ペットフードの動物実験?残酷物語 それでもあなたは・・・・ (03/24 )
悪質獣医師に賠償命令 獣医選びは飼い主の責任 (03/23 )
ブルセラ病集団感染で実況見分 (03/22 )
ペットフードを食べたイヌやネコが約10頭が死亡? (03/20 )
実は無法地帯?やりたい放題! (03/19 )
人間の食べ物を与えてはいけない? (03/18 )
ブルセラ症 陰性の犬、和泉→羽曳野 116匹譲渡先探すことに (03/17 )
粗悪なフードでも売れるのはナゼ? (03/15 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!!2 (03/12 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!! (03/12 )
どこまで知ってる?ノミ・ダニ (03/11 )
アメリカ獣医師のペットフードに関する考え Report vol.2 (03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.16(end) (03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.15 (03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.14 (02/28 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.13 (02/27 )
Luckyが犬を知る学習会に参加しました。 (02/16 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.11 (02/14 )
1    2    3    
space
Copyright © 2018 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP