ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP 入園・利用料金入園・利用料金
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP 愛犬たちのようす!!愛犬たちのようす!!
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 安心の保険安心の保険
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お問い合わせお問い合わせ
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > トリミング
こんにちは ゲスト さん ログイン
Beauty Salon

会員制ドッグサロン あなたの愛犬を優美にセンスよく丁寧にトリミングいたします。

シャンプーは安全?


シャンプーは安全?

愛犬のシャンプーは「犬用」を使っていますか?

それとも「人間用」ですか?

『犬の為につくられた「犬用」シャンプーが安心かな。』

『いえいえ、「犬用」はどんな成分が使われているか不安だから「人間用」が安心ね。』

犬用のシャンプーには指定成分の表示義務がなく何が含まれているのかわかりません。

そして、合成界面活性剤は国産のシャンプー剤「犬用」「人間用」問わず入っているのがほとんどです。

合成界面活性剤は水分と油分を混ぜ合わせ、乳液状、クリーム状にするために使用します。

石油から合成される界面活性剤は強い毒性があります。(皮膚から浸透し、内臓に蓄積されてしまい大変危険です。)

これは皮膚の潤いを取り去って保湿作用を弱めます。

さらには、皮膚の細菌や有害光線を防ぐバリア機能も弱めるので、毒物が体内に吸収されてしまうことになります。

合成界面活性剤によって弱められたバリア機能が戻るには最低20分かかるといわれています。

シャンプーだけでなく化粧品にもいえることなのですが、保湿成分が含まれているのは合成界面活性剤によってボロボロになった髪や皮膚をそうでないように見せるためです。

たとえ、ベビー用であっても合成界面活性剤が使われていないとは言いきれません。

シャンプーは洗剤ではなく化粧品に分類されるため表示義務がないからです。

合成界面活性剤、複合せっけん、せっけんとの表示はありませんが、「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩」等個別の名称は表示されていると思います。

このようなシャンプーに含まれている保湿成分のプロピレングリコール(PG)や1-3-ブチレングリコール(BG)はアレルギーの原因となる恐れがあります。

これは経皮毒性が高いといわれていることです。

具体的にはヨーロッパでは日本製のシャンプーは輸入できないそうです。

Web上の風評では食器の洗剤が含まれているものもあるそうです。

そこで犬幼稚園 Buddy Dogではテストをしてトリミングで使用するシャンプー剤を選択しました。

最近40品テストをして問題がなかったシャンプー剤は6品という結果でした。





1    2    3    4    5    

1.トリミングで健康管理
2.バブルバス
3.トリミング料金
4.入園しよう!!
5.シャンプーは安全?
space
Copyright © 2017 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP