ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP 入園・利用料金入園・利用料金
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP 愛犬たちのようす!!愛犬たちのようす!!
hr
TOP 愛犬写真館愛犬写真館
hr
TOP 愛犬動画館愛犬動画館
hr
TOP トリミングのようすトリミングのようす
hr
TOP 宿泊のようす宿泊のようす
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 安心の保険安心の保険
hr
TOP Web ショップWeb ショップ
hr
TOP 通販会員登録通販会員登録
hr
TOP POSH PET CLUBPOSH PET CLUB
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP google mapgoogle map
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お問い合わせお問い合わせ
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 場所・散歩道
こんばんは ゲスト さん ログイン
 
犬のノーリードが大問題!憩いの場所が荒らされる!?






犬のノーリードが大問題!憩いの場所が荒らされる!?

犬をノーリードで遊ばせたいなら、ドッグランですよね♪

でも今、子供たちの遊び場や公園など、公共の場でのノーリードが問題になっています。

犬をノーリードにすると何が問題なのか?

許可されていない公共の場所でのノーリードが、問題になっているのをご存知ですか?

一般的に犬をノーリードで遊ばせたいと思えば、ドッグランなどに
連れて行き、
設置されている柵の中で自由に遊ばせることができます。

残念なことに、許可されていない場所(公園など)で犬をノーリードにしてしまうマナー違反の方があとを絶ちません。

公園は、子供たちが遊ぶ場、地域の住民の方の憩いの場です。

犬連れ以外の利用者がいるということを 忘れてはいけません。

犬を遊ばせるという目的で訪れていても、 そうでない目的の人も大勢いるのです。

「うちの犬は言うことをよく聞くから大丈夫」は、ただの過信

「うちの犬は言うことをよく聞くから大丈夫」「おとなしいから大丈夫」とばかりに、

犬をノーリードにして散歩をさせている人をよく見かけます。

でも本当に大丈夫なのでしょうか?

何かの拍子に犬が他人にケガをさせてしまったらどうしますか?

愛犬が飛びついただけで、転んでケガをするかもしれません。

そうなると「うちの犬は悪くない!」なんて言い分は 通りません。

何か起これば、公共の場で犬をノーリードにしていた 飼主さんの責任となるのは当然のことなのです。

もし公園などで犬を思いっきり走らせたいのなら、ロングリードを使用するなど、
なにかのときにはすぐに犬を制御できる対策が必要です。

ノーリードは、なぜダメなのか?

なぜ犬をノーリードにしてはダメなのか?

ちょっと考えればすぐにわかりますよね。

お散歩中にすれ違う人がみんな、犬好きとは限らないからです。

可愛いらしい犬であっても、嫌いな人はとことん嫌いなのです。

ノーリードでなくても、犬とすれ違うだけで恐怖を感じる人もいます。

ただでさえ犬が苦手なのに、「繋がれていない犬が自分の方にきたら・・・」と 想像して、
恐怖に感じる人がいることを、しっかり認識することが大切です。

車のドライバーから見ても、リードをしている犬でも、車道に急に飛び出してくるのではないか?とビクビクもの。

それがノーリードであれば、尚更不安に感じるでしょう。

飼主は、愛犬を危険にさらしているという 自覚を持たないと!!

相手の犬がおとなしそうだから、自分の犬はフレンドリーだから、というのも過信といえます。

犬同士の相性が悪ければケンカとなり、ひどい場合には相手の命まで奪うことさえあります。

リードは、愛犬の命綱!

「リードは愛犬の命綱」です。

これは大げさでもなんでもありません。

リードは愛犬の命を守るために必要不可欠なものです。

散歩中の拾い食い、他の犬のフンを食べることによって、病気を拾ってしまう危険性がありますが、
犬の行動をリードで制御することで、そういった危険から愛犬を守ることができるのです。

わざと毒入りのエサを 撒くような人もいるので、注意!!

リードは、犬の命を守るために存在しています。

危険から愛犬の身をしっかり守ってあげてください。

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

logo2kid.JPG


1    2    3    4    5    6    7    8    9    10     次に・・

1.犬幼稚園 Buddy Dogの場所
2.園長がお薦めする安全で楽しい散歩道
3.死に至る危険なOSANPO
4.散歩やあそびを無駄にしない
5.デジタル地図
6.お散歩にもマナーがある
7.犬のノーリードが大問題!憩いの場所が荒らされる!?
8.犬を散歩させる目的、考えたことがありますか?
9.あなたは散歩のマナー守れてますか?
10.犬同士のご挨拶はさせた方がいいの?!
11.他の犬にオヤツを与えると嫌われるってホント?
12.あなたは犬を散歩させていい人?ダメな人?
13.毎日のお散歩だからこそ、犬のしつけを考えよう!
14.犬のフン放置の問題点とは?
15.犬をお買い物に付き合わせない
16.お散歩バッグ
space
Copyright © 2017 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP