ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP 入園・利用料金入園・利用料金
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP 愛犬たちのようす!!愛犬たちのようす!!
hr
TOP 愛犬写真館愛犬写真館
hr
TOP 愛犬動画館愛犬動画館
hr
TOP トリミングのようすトリミングのようす
hr
TOP 宿泊のようす宿泊のようす
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 安心の保険安心の保険
hr
TOP Web ショップWeb ショップ
hr
TOP 通販会員登録通販会員登録
hr
TOP POSH PET CLUBPOSH PET CLUB
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP google mapgoogle map
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お問い合わせお問い合わせ
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 場所・散歩道
こんばんは ゲスト さん ログイン
 
散歩やあそびを無駄にしない





散歩を無駄にしない

愛犬との散歩は「運動不足解消」や「排泄をさせるため」に行うものと考えている飼主が多いようです。

それだけが目的ならば、小型犬は散歩に行かなくても室内だけで十分に満たされます。

しかし、散歩は「運動」や「散歩」だけでなく、しつけの場として重要です。

仔犬の頃にしっかりと社会化ができていても、その後、他の犬や人に会う機会も少なく、刺激の少ない生活をしていると、せっかく身についた社会性が消滅してしまいます。

社会化を継続させるためにも、外に出てさまざまな環境に触れる必要があるのです。

だからといって他の犬と接触させることを勧めているのではありません。(接触は危険だと思います。)

また、気分転換にもなりますし、老犬には外からの適度な刺激が老化予防にもなります。

そして、飼主との絶好のコミュニケーションの時間にもなります。

引っ張りぐせをやめさせる 

リードを持っている飼主を、犬がぐいぐい引っ張っている風景をよく見かけます。

飼主がリードをしっかりコントロールしていないと、大型犬に引っ張られて転んでケガをしたり、他の人や犬に飛びかかったりする危険性があります。

また、犬が道に落ちているものを拾い食いしてしまうことも。

腐ったもの・放置糞や毒入りのものを食べてしまったら...。

お散歩のときの方法として、引き綱を強く引き戻す方法ばかりがしつけ本やTVで...。

実はこれも、たしかに犬の苦痛になってしまいます。(力の強い犬や興奮症の犬などには効果的な場合もあるんですよ。)

もし、犬がリードを引っ張ったらその場に立ち止まります。

無理に引っ張り返せば、犬は前に行こうとさらに強く引っ張るので逆効果。

犬がリードを引いたら冷静に立ち止まり、自分のところまで戻ってきたら、犬をほめてまた歩き出します。

と園長は飼主にお話していますが........

園長のコツは、リードをつけて犬と並んで立ち、アイコンタクトで犬が自分に集中していることを確認し、散歩を始めます。

散歩中は犬に常に話しかけているのです。そうすると初めて園長と散歩をしても前に出ることが出来ません。

犬は散歩に行ければ満足なのですが、ただ歩くだけでなく、会話、駆け足、ボール遊び、「オスワリ」「マテ」などしつけのトレーニングなど変化を取り入れると、刺激も増え、楽しみも倍増します。

散歩を有効に




園長が監修した本

定番☆ボールやフリスピーの裏ワザ!

ひっぱりっこをする時のポイント!もってこい遊びはこうやって教える!etc...

大切な愛犬ともっと楽しく!もっと仲良く!おもいっきり遊ぶ88のコツを

犬幼稚園 Buddy Dogの園長が!!



価格: ¥ 1,365 (税込)

単行本: 128ページ
出版社: メイツ出版
ISBN-10: 4780405130
ISBN-13: 978-4780405132



書店・amazonでお求めください。



愛犬とのより楽しい生活のために、しつけ方の正しい知識を学びましょう。

犬幼稚園 Buddy Dogでは犬の飼い方・しつけ方・マナー、食事、犬の健康管理・メディカルに関するお話を随時、園長が行っています。









1    2    3    4    5    6    7    8    9    10     次に・・

1.犬幼稚園 Buddy Dogの場所
2.園長がお薦めする安全で楽しい散歩道
3.死に至る危険なOSANPO
4.散歩やあそびを無駄にしない
5.デジタル地図
6.お散歩にもマナーがある
7.犬のノーリードが大問題!憩いの場所が荒らされる!?
8.犬を散歩させる目的、考えたことがありますか?
9.あなたは散歩のマナー守れてますか?
10.犬同士のご挨拶はさせた方がいいの?!
11.他の犬にオヤツを与えると嫌われるってホント?
12.あなたは犬を散歩させていい人?ダメな人?
13.毎日のお散歩だからこそ、犬のしつけを考えよう!
14.犬のフン放置の問題点とは?
15.犬をお買い物に付き合わせない
16.お散歩バッグ
space
Copyright © 2017 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP